わくわくKYOTOプロジェクト

2010年8月16日(月)~8月29日(日)

元立誠小学校/京都芸術センター/瑞泉寺/MEDIA SHOP/アートスペース虹/Club METRO/UrBANGUILD

主催=わくわくKYOTOプロジェクト実行委員会 協力=京都芸術センター island 助成=財団法人朝日新聞文化財団/財団法人花王芸術・科学財団

わくわくとは何か?

「やる気」「意志」その言い方は色々ある。色々であることこそが「わくわく」であるともいえる。
そう、「わくわく」には、「目標」や「ゴール」はない。あるとすれば、「おもしろいことがしたい」
「わくわくしたい」そういった、全ての人に通じる行動の発火点である。そう、「わくわく」は、
発火装置であり、発火した人が起こす爆発の場だ!!

「わくわくプロジェクト」は、2009年に「別府現代芸術フェスティバル2009 混浴温泉世界」の国内展として開催された「わくわく混浴アパートメント」をきっかけにスタートし、同年11月には千葉県柏市にて「わくわくJOBAN-KASHIWAプロジェクト」、2010年3月には、再び大分県別府市にて「わくわく別府タワー」が開催されました。同世代のアーティストたちが表現者としての意思を共有し、日本中、世界中へと文化発信していくことを目的に、今後も全国各地にて、アートによって人と場をつなぐプロジェクトを行っていく予定です。この夏、京都で開催される「わくわくKYOTOプロジェクト」では、元立誠小学校をメイン会場に、京都市内の様々なスペースにおいて、作品展示や滞在制作、ワークショップ、ライブパフォーマンスなどのイベントを繰り広げます。

参加アーティスト

Akashic Universe / 秋山幸 / 淺井真至 / 厚地朋子 / 阿波野由紀夫 / Antenna / 池淵洸輔 / 市村恵介 / 糸井宏美 / 伊東宣明 / 糸川知佐 / 岩佐まゆみ / WEast / 浦田琴恵 / 海老由佳子 / 遠藤一郎 / おかひろし / 奥中章人 / オル太 / 海野貴彦 / 勝正光 / 加藤愛 / 加藤ゆうと / 金岩幸也・田中奈津子 / 加茂昂 / 賀門利誓 松原成孝 共同企画 / 河地貢士 / 川人綾 / 木内貴志 / kikushima fumit-0 / CRAFTIVE / 黒森ユウヒ / 幸田千依 / 児玉真人 / 後藤靖香 / コバルト爆弾αΩ / 53235 / 鮫島ゆい / 篠崎裕美子 / 資延雄治 / 柴田英昭 / 下西進 / 真珠子 / 神馬啓佑 / 森林食堂 / 水豚 / 鈴木彩花 / Superpeachman / 菅田唯 / 高須健市 / 田中あゆむ・桐谷菜実 / 田中英行 / 田中良 / 多摩川カジュアル / 土井章広 / ドキドキクラブ / 戸田泰輔 / 中嶋美奈子 / ナカタニユミコ / 西脇麻衣子 / 信長 / 八雄 / 花岡伸宏 / 林勇気 / 久恒亜由美 / 豚星なつみ / HyonGyon / BOJW / 福森創 / 藤井裕史 / 平和ガールズ / 増本泰斗 / MAD RICE / 松永和也 / 三代広人 / 水川千春 / 水木塁 / みなみりょうへい / 宮永亮 / 村上滋郎 / 村上裕 / 本武史 / 森絵実子 / 森貴也 / 矢津吉隆 / ヤノベケンジ / 山下耕平 / 山田はじめ / 吉永ジェンダー / 若木くるみ 他(五十音順)

会場

元立誠小学校

わくわく立誠小学校 終了いたしました

8月20日(金)~29日(日) 入場無料 (一部イベントを除く)
20~22日=12:00-18:00 23~29日=15:00-20:00

住所=京都市中京区蛸薬師通河原町東入ル備前島町310-2

大分・別府、千葉・柏と開催された「わくわく」が元立誠小学校を舞台にプロジェクトを展開!20日から、いきなり、地元のお祭りがスタート!わくわくももちろん参加!校舎の3階まるまるつかって、はでに盛り上げます!! 23日からは元立誠小学校まるごとつかった展示・滞在制作がスタート!毎日祭り!わくわく夏祭りです!! 一人の人として何ができるのか?そうした挑戦と飛躍の場を目指します!京都まるごと、わくわくさせましょう!!

[イベント]

8月28日(土)
15:00~20:00 | 3F | 真珠子×久恒亜由美 | ヤノベケンジプロデュース club ULTRA WAKUWAKU 営業
16:00~17:00 | 講堂 | Macumba:カポエイラワークショップ
17:00~ | 講堂 | 八雄×ハ・スジョン(Lowo=Tar=Voga):絵描きと役者によるパフォーマンス
18:00~ | 木工室 | 金岩幸也・田中奈津子:朗読
18:30~ | 2階廊下東側 | 藤田陽介:セルフメイドパイプオルガン

8月29日(日)
18:00~ | 講堂 | わくわく演劇部公演
18:30~ | 講堂 | わくわくKYOTOクロージング

[元・立誠小学校/第三十六回高瀬川夏まつり]

主催=立誠高瀬川保勝会/立誠文化のまちづくり委員会/高瀬川灯ろう流し実行委員会
プレイベント=8月20日(金)~21日(土)12:00-18:00 / 夏まつり=8月22日(日)12:00-21:30
灯籠づくりワークショップ=8月21日(土)13:00-17:00 / 灯籠流し=8月22日(日)19:00-

[京都藝術トークイベント]

主催=京都藝術実行委員会 日時=8月29日(日)13:30オープン 14:00スタート 定員=先着100名 入場料=500円
予定ゲスト=[第一部]金氏徹平、名和晃平、ヤノベケンジ
[第二部]石橋圭吾、井村優三、小吹隆文、 塩谷舞、原智治、松尾恵、森裕一、他(50音順敬称略)
WEB=www.kyotoarts.com

京都芸術センター

[ワークショップ]キャラクターを作ろう! 終了いたしました

8月8日(日)14:00-16:00

住所=京都市中京区室町通蛸薬師下ル山伏山町546-2

もし、僕の部屋に幻獣がいたら…。日本では、昔からモノに魂が宿り神様になるというお話があります。美術作家の矢津吉隆さんをお迎えし、家で使わなくなったモノで幻獣をつくろう。夜、こっそり動き出すかも? どんな性格? 何から生まれた?

TEL=075-213-1000 WEB=www.kac.or.jp
講師=矢津吉隆(美術作家) 定員=15名(先着順) 料金=300円 対象=小学1年生~6年生まで
持物=使わなくなっていらない日用品を2・3個。あればエプロン、軍手など。
※汚れてもいい服装でお越しください。 ※要事前申込。

瑞泉寺

夕暮れわくわく瑞泉寺 終了いたしました

8月18日(水)・19日(木)17:00-19:00 入場無料

住所=京都市中京区木屋町三条下ル石屋町114-1

京都木屋町三条に位置する瑞泉寺の庭にて催される夕涼みイベント。「寺」という空間に惹かれ集った、バリエーションに富む出演者たちが夕暮れの一刻に華を咲かす!
※雨天の場合の開催は現地会場にてのご案内になります。ご了承くださいませ。

18日出演
水川千春

1981年大阪生まれ。育ちは、倉敷、金沢、大阪、京都。滞在制作を中心に、ただいま各地をうろうろ移動している。廃墟、空屋、閉店内、バーやギャラリー展示会場内での住み込みなど。その生活の中で、普段、見えない場所にある生ものをつかって制作する。今回のパフォーマンスは、あぶりだし!

Goddess Beaches

画家でもある阿波野由起夫によるソロユニット。ギター、フルートなどを駆使したリアルタイムトラックメイク。

信長

顔が織田信長の肖像画に似てるだけの人。音楽制作、弾き語り、映像製作、ゲーム製作、刀を使ったパフォーマンス、ライブペインティングなど色々と活動中。今回はギター一本で弾き語りライブをやります。

本武史

宮崎より来る、予測不能のナチュラルスピリット。現場でのみ実感できるダイレクトコミュニケーション。

19日出演

2003年、春に結成、大阪を中心に活動。ラスとガキ、女性二人によるほぼアカペラのユニット。色んなところで唄ってます。二声で奏でられるライブ空間は独特の浮遊感と緊張感が混在する。いつもそばにあるあんなことやこんなこと、まぶたを閉じて浮かぶココロ模様や色景色をコトバに。何色でもない音空間を声で奏でる。憑依するものの怪、でもどこかみんなのうた。怪しいけど愉快な音世界、そこは、あらゆる自意識とは無縁に、ただ声と唄が存在し、ピュアな無機質的空間に包まれる場所。『音と戯れるように遊ぶ。』

8/16の「大文字でわくわくがはじまる」にも出演する2人によるバイオリン×ペインティングのセッション。場を媒介とした即興によって産み出される音と色。夕暮れの空に昇りゆく。

ハ・スジョン(Lowo=Tar=Voga

役者。文学や詩、美学の領域からフラグメンツを採集・再構築する手法で、常にオリジナリティの高いテーマを発見し、神社・ギャラリー・ライブハウス・カフェ・教会・劇場など、さまざまな場所で公演をおこなっている劇団「Lowo=Tar=Voga」に所属する。今回は朗読によるパフォーマンスを披露する。

海老由佳子

誰かと踊ります!!

UrBANGUILD

大文字でわくわくがはじまる 終了いたしました

8月16日(月) OPEN 18:00 / START 19:00 ADV:1,800yen (with 1drink) / DOOR:2,300yen (with 1drink)

住所=京都市中京区木屋町三条下ル ニュー京都ビル3F TEL/FAX=075-212-1125 WEB=www.urbanguild.net

「わくわくKYOTOプロジェクト」のオープニングイベント。京都より山本ヒラク(NABOWA)、たゆたう、カミサマオン、東京よりKD69、Mr.Understandが集う音の響宴。八雄を始め、ペインター達も色彩を放つマッシブパーティー・オン・五山送り火!!

出演
山本ヒラク(NABOWA)

[NABOWA] 2004年4月、山本啓(バイオリン)、景山奏(ギター)、川上優(ジャンベ)の三人で活動をスタートし、2006年3月、堀川達(ベース)が加入。京都高島屋前など、ストリートライブを中心に活動し、ダブ、ジャズ、ロック、アンビエント、現代音楽など、様々なジャンルを取り入れたインプロビゼーション(即興)で構成されたライブが好評を博し、ライブハウス、クラブ、ストリート、百貨店、寺院、カフェ、バー、結婚式場などなど、瞬く間に多方面からライブオファーが殺到。聴き手が自由にその曲を創造することができ、老若男女、国籍問わず、誰もが心奪われる暖かなメロディーが唯一無二の世界観を放つバンドとして圧倒的支持を得る。今回は山本ヒラク(バイオリン)ソロでの出演。

にしもとひろこの大人とも子供ともとれる独特な唄声と、イガキアキコのサウンドスケープ・パレードなviolin、toyによる二人三脚的音遊びユニット。2005年より精力的なライブ活動を始める。ふたりで奏でるゆるやかな風とときに激しい嵐のような音楽。それはまるで昨日みた夢のような情景をふわりと浮かび上がらせ、ふたりのからみあう音の波に現れては消え、消えては現れる。奇妙な響きの中にポップさが見え隠れすることばに、即興性と物語性を併せ持つライブパフォーマンスは、観る人をたちまち引込ませてしまうとの定評がある。現在京都・大阪を拠点に全国津々浦々へと活動中。

ケイドロ(ドロケイ、どろじゅん、どろじん、泥棒と巡査、ぬすたん、などさまざまな呼び名があるエキサイティング・ハイテンション・ライフ・スポーツ)をきっかけに2004年6月9日結成の親子バンド。母53235(ギタートカー)、娘NOb(ウタッタリー)の二人からなる。沖縄を中心にアイドルユニットとしてライブやギグを重ねるが2007年5323が独断で上京したため現在は遠距離恋愛中かなり具合に自信あり。家族ってやっぱ離れてた方がうまくいくよね。ノイズ、ソウル、ボサノヴァ、HCなどを網羅したP・O・Pな楽曲群は主に男子高校生やおじさまから圧倒的な人気を誇る。演奏中、来場した10代の女の子が怖くて泣き出すなどの事件多発。モットーは「一生解散、一生思春期、一生盆正月」。たぶん躁鬱。実家は老舗味噌屋と温州みかん農家。「ゆかいななかまやすばらしいおんがくかの方達といっしょに演奏させていただき感無量な山をゆめみる日々を送らせていただいていますありがとう。」

ほろほろほろほろ~んダブダブダブ~ンバンバババババンドッドッドッ。わくわく京都非公認テーマソングありますますますますますますますますますすすすすすすす∞

Mr.Understand

2008年10月、以前から即興セッションなどでステージを共にしてきた南良平、岩崎裕史、久保田将規の3人で結成。同年末から精力的に音作りを始め、翌年2月に原作漫☆画太郎DVD版Flashアニメの「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」のサウンドトラック及びOP、EDを依頼され、初仕事の制作をする。その後3人ではもちろんソロや2人編成でも楽曲の制作をしていき、ありとあらゆるジャンルの音楽を実験的に作り提供、新たなポップスの開拓を目指す。ハイ&ロウ実験ノイズPopバンド。2009年12月に初ライブを名古屋にて行う。2010年 1st EP Album「図工」をリリース予定。

絵描き。京都西山の麓にて生まれ育つ。人を好む。美大在学中に祭、音楽、酒、農業などの人間の原初的な営みに意識的に触れたことで開眼。自己の身体感覚を触媒とし、その場に漂う「見えざる風景」「形なきもの」の姿を現す。「描く」ことを含む全ての表現行為は自らの生きる社会において不可欠な要素であり、想像の領域を具体物として示すことにより「想像=創造」という意識の有用性を証明することを現在の一つの課題とする。活動形態は多様なシチュエーションでの即興ペインティングを軸に、滞在型制作、展示、壁画など。2001年よりアーティスト田中良とのユニット、即興絵画組合[GETT]としても活動し、2009年春からは京都・伏見の地にて京都を活動基盤とする数名のアーティストと共にスペース[GURA]を始動。人の表現、意思伝達の依代となる「場」の考察・創造を開始する。

Club METRO

ART / MUSIC NOW !!! わくわくナイト 終了いたしました

8月29日(日) 22:00-midnight ADV:1,500yen (with 1drink) / DOOR:2,000yen (with 1drink)

住所=京都市左京区川端丸太町下ル 京阪神宮丸太町駅2番出口 恵比須ビルBF TEL=075-752-4765 WEB=www.metro.ne.jp

わくわくKYOTOプロジェクトを締めくくる、もっとも刺激的な夜(予定)!ライブあり!ペインティングあり!パフォーマ ンスあり!そして、もちろんDJもあり!まだまだ増殖し続ける出演者陣!超豪華版仕様でおとどけする、エクスクルーシブ・ナイト!このイベントのために、全国からメトロに集結したアーティスト達が引き起こす、事件を目撃せよ!!!

LIVE

奈良発信生楽器テクノバンド!エレクトロ+オリエンタル÷バンドサウンド!!!80年代~近年のエレクトロサウンドを吸収しながら、日本を感じさせる和のメロディー。見る人を選ばないハッピーでファンタスティックなライブパフォーマンスはライブハウスからクラブシーンまでをも飲み込んでしまう。純日本人が放つ、全世界へ向けたジャパニーズミュージック。2007年シンセサイザー最強パフォーマンスコンテストにてYMOの松武氏、カシオペアの向谷氏から審査員賞を受賞し、2008年3月にはシングル「autumn love」がiTunes StoreエレクトロニックランキングBEST10入り。同曲はDJ NOZAWAのmixCDに収録されるなどヒットし、同年8月自主制作盤「seek a floria」をリリース。同年末にはZEPP OSAKAで行われた2008-2009カウントダウンイベントに出演。2009年7月には東京・大阪で開催される都市型フェス『NEUTRAL NATION 2009』にてMice Paradeやサカナクション、toeなどのビッグアーティストとの共演。また√thummが盟友nuxxとダンサブルなバンドを集めた人気イベント『TECHROCK』を主催している。話題の謎のキャラクター"ジャッピー"などアートワーク面で現代アートチームAntennaとコラボし、同年12月初の全国流通盤"coton"を発表。収録曲NEU!のアナログカットや、テレビラジオなど多数メディアに取り上げられるなど話題を呼び、2010年7月パリにて行われるJAPAN EXPOに出演。2010年7月28日には待望の2ndフルアルバム"YAMATOPIA"が発売!

2004年から大阪を中心に本格的に活動を開始。正式な音源を発表していないのにも関わらず、国内ではBEAT CRUSADERSをはじめ、海外からはBENJAMIN DIAMOND、FARRAHの来日公演のサポートアクトを務めるなど、その独自の音楽性で多方面からの注目を集める。2008年12月10日東京スカパラダイスオーケストラでもお馴染みGO-GO KING RECORDERSの加納直喜のプロデュースのもと1st mini album「Over The Years」をリリース。疾風のリズム・爽快サウンド・比類なきムーヴメント。ライヴ・パフォーマンスをそのままに一発録りにこだわり、3ピースならではの武器ともいえるスピード感とタイトな演奏に、独自のメロディー・ラインが見事に絡み合った渾身作は各方面で話題になり、コンピレイション・アルバム「FIVE ON THE MOVE」に参加。2010年3月10日に1st album『START THE START』をリリース。UKインディー・マナーなギター・サウンドに、スウィンギン・ポップ、レゲエ、トロピカルなジャングル・ビート、スロウ・ナンバー、そして初の日本語詞2曲収録と、前作では魅せることのなかった彼らの新境地が話題を呼ぶ。

西日

日本山岳神系の眷属。京都の西の地・沓掛から発生した、唄いとドラムの激!!一本気大和コアセッションデュオ。一切の邪念を排し、只ひたすらに己を純化させることを目的とした、舞いであり祈りであり闘いであるそのライブパフォーマンスは最早「儀式」のレベルに達する。

murakami hiroshi

LIVE PAINTING

未来美術家。静岡県生まれ。活動はミュージシャン、DJ、デザイナー(多摩川カジュアル)、絵画、映像など多岐に渡る。出会った人の夢を乗せて走る「未来へ号」で車上生活をしながら全国各地をまわり、「GO FOR FUTURE」のメッセージを発信し続ける。

[愛☆まどんな]1984年東京生まれ。都立芸術高校デザイン科卒業後、美学校をへて今に至る。絵画、フィギュア、コミック、アニメ、ライブペインティングなど国内外で活動中。作品に登場する二次元美少女は自らの愛を代弁し表現する究極のモチーフとして描かれる。また、作品のなかに登場する独自のコピーがユーモアのある世界感を作り出す。

[コバルト爆弾αΩ]異文化交流やクラブミュージックの発展に貢献することを目指した男女11人のメンバーから成るDJ/VJユニット。独自の解釈で異物(楽曲、映像)を混入、ジャンルの閉塞感に風穴を開けるDJ/VJを信条としている。テクノ、ハウス、ディスコのビートを軸に、ポップス、カントリー、アニメソング、クラシックといった踊れなさそうな楽曲をαΩエフェクトによりダンスミュージックに変換し演奏する。ライブ活動の他にも、多様なバックグラウンドを持つメンバーにより、ダンスミュージックの制作、ソフトウェア開発、グラフィック・服飾等のデザインやアートイベントへの参加を、コバルト爆弾αΩというチームとして包括的に行う。ドイツのテクノアーティストMijk van DijkによるTraktor DJコンテスト(インターネットラジオ「Toby & DaiのEnter The Nation」主催、2001年)で優勝した経験を持つDigital DJのαが、小学校時の同級生、Ωに声をかけ、皇紀2666年(2006年)8月15日(敗戦記念日)靖国神社にて、英霊達が見守るなか結成。

DJ
松野光紀(FREDO)

松野光紀のソロ・プロジェクト。新宿OTOの第一土曜日に行われる人気イベント「FREAKY!」のオーガナイザーとして活動する傍ら、DJとしても新宿 OTOはもちろん三宿WEBなど都内のクラブを中心に活躍中。リミキサーとしてもオランダのダンス・アクトBLACK MARKET AUDIO、女性シンガーMELODY.「NEXT TO YOU」のREMIXを手掛ける。FREDOとしては2003年10月デビュー・シングル「SQUARE」をアナログ盤のみで限定リリースし、収録曲「FANTASTIC FESTA!」は全国のクラブでヘヴィ・プレイに。2005年6月にリリースされたビュー・アルバム『SMACK』は、ヒップホップ、ハウス、ブレイクビーツ、エレクトロ、そしてロックを独自のセンスでミックス、オランダのトラック・メイカーBASTIAN、スウェーデンの女性シンガーHELENA JOSEFSSONなど多彩なゲストを迎えて作り上げられ、国内外で高い評価を得た。2006年12月27日にはリミックス・アルバム『REMACK!』をリリース。LINUS LOVES、WALDORF、西寺郷太(NONA REEVES)、FRAN-KEY(CRUE-L)、HANDSOMEBOY TECHNIQUEなど、国内外からFREDO自身が集めたアーティスト7組によるREMIXに、ニュー・トラックを加えた全8曲を収録している。

Multitudisco DJ。
関西を中心に活動中。
10年5月に1st MIX CD『Vanilla&Manila』を発売し高い評価を得る。
そして秋には二作目となるMIX CDを発売予定。

1983年山梨生まれ。2003年から、2枚のレコードのみを操る(ジャグリング)作品を創作していく。2006年DMC日本大会において、全国2位を受賞。日本で有力な若手ターンテーブリストの一人として支持される。「DJから離れたい」という理由で白シャツ、ネクタイという正装姿、曲と曲の間にマイクを入れるライブスタイルである。2006年DMC日本大会においてバトルの価値観を無視した斬新なスタイルを初めて披露、観客を驚愕させる。ドラムビートを中心に用いるバトルの大会において、実際にトランペットやサックスを生演奏しているかのような姿は人々の脳裏に深い爪跡を残し、審査でも全国2位を受賞。日本で有力な若手ターンテーブリストの一人として支持される。別のメロディーに組み替えるスタイルを基本にしつつ、「DJから離れたい」という理由で白シャツ、ネクタイという正装姿、曲と曲の間にマイクを入れるライブスタイルを築き上げる。以後HIPHOPやTECHNOといったクラブカルチャーは勿論、アコースティックやフリージャズへの参加、そしてPOPアーティストとのコラボといった経験を重ねていく。特に前衛的な音楽に深く影響を受け、これより「ターンテーブルで音楽をつくる」のではなく「ターンテーブルを操る」行為そのものを表現した作品の創作活動を行う。2007年に□□□(クチロロ)の過去の楽曲をジャグリングした作品『Ningujounu』はアルバム『GOLDENLOVE』に収録される。

藤田昌喜(でかい方)と高村佳典(ちいさい方)による現代家具作家ユニット。2008年結成。京都・滋賀を拠点に活動している。

MEMAI

PERFORMANCE

Japan をHappy にする日本のマスコットキャラクターJappy!! アタマは太陽! ハナは梅干! オナカは富士山!

ジャンル:アミューズメントアート集団。京都を中心にいたるところで活動中。2008年10月の国際平和博物館会議での展覧会を皮切りに、様々なイベントに出演、展覧会も行う。その日その時その場所にいる人がいちばんたのしめるバブリーでエキサイティングな空間づくり、そして血湧き肉躍るパフォーマンスを老若男女問わずみなさまにお届け出来るよう西へ東へ日々駆け回っています。今を120%に、さながら打ち上げ花火のように 祭のときのあの感じ バブリーなのあの感じ 給料が入った日のあの感じ そのとき、その場所にいる人たちがいちばん嬉しくなっちゃうことを、私たちなりの解釈で提案しています。もっと刹那的に、一瞬にしてトリコ あなたがうれしいと、私たちもうれしいの

幼少よりサッカーや空手を習い、武術や身体に対して深い興味を持つ。16歳で地元、香川にて在日ブラジル人のプロフェソール・ネガオン氏に師事。カポエリスタとしての道を歩み始める。その後、京都造形芸術大学に進学。在学中は、民族音楽に合わせての即興カポエィラや身体表現等を軸に様々なイベントに参加、多くのアーティストとセッション活動を行う。18歳、カポエィラ修行のため渡伯。サンパウロにてメストレ・レオン氏に師事。帰国後、京都にてカポエィラ初心者レッスンを担当。そして20歳の節目に、二度目の渡伯。サンパウロ屈指のカポエィラ団体Baraunaにてメストレ・ホーザ氏に師事。一年半に渡る長期修行を経て指導員の承認を受ける。その後、様々なカポエィラスタイルを吸収すべくブラジル中を放浪する。南米各地の音楽、文化、言語、に溶け込み、現地のブラジル人や日系移民と交流を深める。

WEast

VJ=宮永亮

MEDIA SHOP

わくわくショップ 終了いたしました

8月16日(月)~29日(日) 12:00-20:00

住所=京都市中京区三条下ル一筋目東入ル大黒町44 VOXビル1F TEL=075-255-0783 WEB=www.media-shop.co.jp

わくわくKYOTOプロジェクト参加作家のグッズを取りそろえた、「わくわくショップ」が期間限定でMEDIA SHOP内にオープン!Tシャツなどを中心に、ここでしか手に入らないレアモノもいっぱい!この機会に、是非、お気に入りのグッズを見つけてください!

アートスペース虹

わくわく“本郷芸術スター誕生” in 京都 終了いたしました

8月10日(火)~15日(日)11:00-19:00 (最終日は-18:00) 入場無料

住所=京都市東山区東町247-2 TEL/FAX=075-761-9238 WEB=www.art-space-niji.com / 本郷芸術スター誕生

わくわくKYOTOにあわせて、アートスペース虹のご協力のもと、東京にて開催中の『本郷芸術スター誕生』の京都特別版を開催。会場およびWEBでの投票により選ばれたチャンピオンには、東京で行われるチャンピオン決定戦への参加資格を獲得!14日18時から、プレゼンテーションイベントも予定。スター誕生の場面を、ぜひ目撃して下さい!!

糸川知佐(京都)/信長(北海道)/ 豚星なつみ(九州)/三代広人(九州)/ 森絵実子(京都)/八雄(京都)/山田はじめ(東京)

本郷芸術スター誕生』は、グループA~Cの予選3回とチャンピオン決定戦の計4回の展示で構成された企画展です。予選展示ではエントリーされた7名のアーティストの展示を行い毎回会場投票とネット投票により1位のアーティストを決定し、チャンピオン決定戦への出場権を進呈します。決定戦では、各グループから選ばれた3名+1名(特別枠)の展示を行い、豪華審査員でチャンピオンを決定。賞品は某有名雑誌の1ページを丸ごとプレゼント。明日の芸術スターはここから誕生します!

鴨川三条大橋周辺

わくわく鴨川ウォーキング 終了いたしました

8月16日(月)17:00 三条大橋スターバックス前集合 18:30 UrBANGUILD 到着

わくわくKYOTOプロジェクトスタートの日、鴨川を練り歩きます!ゴールはオープニングイベント会場のUrBANGUILD! さあ、いよいよ14日間にわたるプロジェクトの幕開けです!